白髪染めにたびたび使われるヘナってどういったもの?

白髪染めにはヘナが使われる事がよくありますが、このヘナは植物の一つです。
ヘナの葉を乾燥させて粉にすると色素が得られるのですが、この色素はタンパク質と結合しやすいという特徴があります。
タンパク質というと、髪の毛もそうですし皮膚や爪もタンパク質です。
このような性質を利用して古くから体へのペイントに使われていたそうです。
非常に古いという事は分かっているのですが、最も古い記録としてはクレオパトラが爪をペイントするのに使っていたということが残っているそうです。
つまり、世界最古のマニキュアだとも言えるでしょう。
ヘナの使われてきた歴史はいろいろ合って、例えばタトゥーなどにも用いられてきたそうです。
ボディペイントの一つにも使われてきたということもあって、人体に対して無害な天然色素として非常に長い間使われてきたといえるでしょう。
人間との歴史が最も古い天然色素とも言えるでしょう。
ヘナは大昔から眉墨などとしても用いられてきました。
これを髪の毛に応用する事でヘナの白髪染めが作られたのです。
これだけ古くから使われているだけあって、最近では非常に安全な白髪染めの天然成分としての地位を得ているようです。
このようにヘナを使うメリットとしては人体に悪影響を与えないという事が歴史的にも証明されているということなのですが、デメリットもあります。
例えば染色する力が弱いというのは大きなデメリットでしょう。
また、きれいに染色するためには数時間を必要とするそうです。
lplp白髪染めダークブラウン