プロバイダのplalaとniftyを比較すると

しかし、マンションタイプでは、プロバイダー月額料金が998円となり、8世帯未満の集合住宅の場合は、368円高く、8世帯以上の集合住宅の場合でも、158円高くなっています。
しかし、イー・モバイルを利用しての高速モバイル通信に関しては、月額利用料金が3,879円で、101円安くなっています。
マンションタイプも同様に、キャンペーンを利用すると、49,733円の割引となり、割引額が4,434円多くなります。
これによって、初年度の実質月額費用が337円となり、211円安くなります。
前述のように、費用面に関しては、取次ぎサイトのキャンペーンを適用すると、niftyの方が安くてお得ですが、基本料金はplalaの方が安くてお得なので、キャンペーン適用期間を過ぎると、徐々にplalaの方がお得になっていきます。
サービス内容についても、お互いにはない内容がありますので、どちらのサービスの方が良いかという点や、どのくらいの期間、利用する予定なのかということなどを、総合的に考えて、どちらのプロバイダーを利用するか決めると良いでしょう。
プロバイダのプランって?料金節約・速度が速い【よくある質問】